並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順

【朗報】「目がやけに疲れるな・・・」と感じているあなたにオススメ

 

「ポップでお洒落な動画、一体何の動画だと思いますか?」

Youtubeを見てたらこんな動画があがってきて、見た瞬間に思わず見入ってしまいました!

ターンテーブルが回り始めてテキストが風圧で吹き飛ぶような元気さから始まり、メガネの世界にワープしてしまいました!

風船がカツラをかぶったり!?メガネをつけたり!?色味もキレイでポップな世界が広がってますね!

イラストもかわいいし、自分は猫がメガネをかけている姿が特にかわいいな!って感じました。

調べてみたらパリミキのメガネでした

メガネの三城って聞くと、正直年齢層の高いおじさまおばさまがつける高級メガネってイメージ・・・。

私もまさにそのイメージだったので、こんなポップなCMを作っていて驚愕でした!

デザインもおしゃれでパッケージもかわいいですよね!!

商品の公式サイトもおしゃれ!

商品サイトはこちら

実はこの眼鏡、”PCやスマートフォンを快適に操作”するために作られたメガネなんです。

よくある一般的なブルーライトをカットしてくれるメガネではなく、レンズ下半分にピント調整をサポートしてくれる「リラックスゾーン」があり、とにかく”かけているだけで楽”なんだとか。

今では”スマホ疲れ”なんていう言葉が誕生するほど、PCやスマホに接する時間が長い現代人。

そんな現代人の為に作られたメガネなんです!!

”もっと詳しく知りたい方はこちら”

 

”スマホ疲れ”の原因は、目のピント調整の低下?

目ってなんで疲れると思いますか?

目の中に「水晶体」という光を取りいれるための部分があり、それを動かすことでピントが合う仕組みになっていて、遠くをみるときは水晶体を薄く、近くを見るときは厚くなります。

その厚さを変化するために必要なのが毛様体筋!

スマホの画面=近くを長時間みていると毛様体筋はその形状をキープしますが、パッと顔を上げて遠くを見ると、また毛様体筋が動きます。その繰り返しによって調節力が低下してしまうのです。

引用:tokusengai.com/_ct/17245664

そこで、先程の「スマホイージー」をかけるとピント調整をサポートしてくれるので、”スマホ疲れ”を予防してくれるのです。

その大きな特徴というのが、一つのレンズで2役こなしてくれるということ!

レンズ上部に「クリアゾーン」といって、遠くをみるときにピントがあう度数をいれ、下部には「リラックスゾーン」といって近くを見るときに適している度数を入れます。

この2つのゾーンが目の負担を軽くしてくれるのですが、なぜ2つのゾーンを作ると目の負担が軽減されるのかというと・・・

レンズに、度数に合わせた最適化設計を施すことで、光の入り方を調節し違和感なく見ることができるという点が一つ。

もう一つは、全度数最適化設計といって、どんな角度でも見やすい度数になるよう補正してくれるような設計があるからなのです!

この二つの設計が大きな役割を担ってくれているということなのです。

さらに、スマホイージーにはこんな機能もついています。

これからの季節、気になってくる紫外線や、PCやスマホから出るブルーライトもカットしてくれるので、しっかりと目を保護してくれます。

こんなあなたにおすすめ

 

「スマホやPCをよく使う人・・・」

「仕事では比較的デスクワークの時間が多い・・・」

「疲れ目が気になる人・・・」

「初めてメガネを試す人・・・」

このメガネをかけると目のピント調節を助けてくれるので、疲れを軽減させることもでき初めてメガネをつかう人でも安心です。

これまで以上に快適なメガネライフを送れること間違いなしです。

このメガネはお近くの「パリミキ」や「メガネの三城」でも販売していますし、ネットからでも注文ができるのでぜひお試しください。

公式サイト:https://www.paris-miki.co.jp

詳しくはこちら

 

Sponsored by 三城ホールディングス

  • コメント: 0

関連記事

  1. ヘアカラーをセルフでも綺麗に仕上げるには?

  2. 【漫画】「フォー!」美容師も絶賛!! 住谷杏奈さんが本気で作ったクリームシャンプーが ガチでうるつやになる!と爆売れ!

  3. メガネがサングラスに変わる! 運転中に掛け替え不要な進化形サングラスがすごい

  4. 【漫画】「フォー!」美容師も絶賛!! 住谷杏奈さんが本気で作ったクリームシャンプーが ガチでうるつやになる!と爆売れ!

  5. 「フォー!」美容師も絶賛!! 住谷杏奈さんが本気で作ったクリームシャンプーが ガチでうるつやになる!と爆売れ!

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。