並べ替え条件
新しい順
古い順
閲覧数順

日焼け防止をするなら、色に注意する。 白い服より黒い服のほうが、紫外線を防ぎやすい。

「今日は気温が上がりそうだ。こんな日には、爽やかで明るい色の服を着ていこう」

そう思って、パステルカラーなどの明るい色の洋服を選びます。

暑い季節ほど、黒い色は暑苦しいので避けたくなり、涼しげな明るい色のシャツを着たくなります。

明るい色ほど、爽やかなイメージがあり、暑い季節にはぴったりですね。

 

しかし、日焼け防止の面から言えば、理想ではありません。

 

たしかに服を着ている部分は、紫外線をある程度カットできますが、明るい服では効果が小さいのです。

日焼け防止の面から言えば、実は逆です。

日焼けをしたくなければ、暗い色の服を着るのが正解です。

色が濃いほど、光を遮断する力が強くなります。

透明のメガネより、黒いサングラスのほうが、 光を遮りやすいのと同じです。

明るい色ほど紫外線を通しやすく、暗い色ほど紫外線を防ぐ効果があります。

紫外線を防ぐなら、茶や紺など、暗い色がおすすめです。

最も防ぐ効果が強いのは、黒です。

黒は、熱を吸収しやすいため暑苦しく感じますが、日焼け防止には一番です。

「日焼けをしたくなければ、明るい色より暗い色」と覚えておきましょう。

帽子も日傘も、明るい色より暗い色が効果的です。

  • コメント: 0

関連記事

  1. キャサリン妃のメイクアップアーティストが美肌の秘訣を明かす

  2. 白ニットを綺麗に着こなしたい人は必見☆

  3. ビタミンC誘導体で週一の集中ケアを!

  4. 女性の綺麗は指先から!

  5. 【ウェブ限定500円!】たった10秒。飲むだけで”強制的痩せ体質”に変えるサプリがヤバイ…

  6. 春コーデのマンネリは「イエロー」が解決!イエローアイテムを1点投入してコーデを作る♡

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。